0-3.論述のテーマ

全ての記事 情報化とビジネスの進化の関連性に関する一考察

ここでの論述については、いくつかのテーマを中心に構成され、それぞれのテーマによって特徴がもたらされている。一つ目の主なテーマは、ニューエコノミーであり、産業革命以降の工業社会の時代背景の文脈を捉え、株式投資の大衆化や金融ビックバン以降の金融市場の趨勢を踏まえて考察している。二つ目は、インターネットであり、情報化とインターネットの誕生をコンピューター開発の源流にまで遡り、その発展に至るまでの歴史について、人と技術を中心に捉えて研究を行っている。三つ目は、情報化の影響を受けたマーケティングをテーマにしており、物質と情報の分離によるコミュニケーションの変化に着目した分析を行っている。この中では、次のテーマに関連する非営利のマーケティングという固有の領域を、社会的責任の遂行を目的とするものとして考察している。四つ目は、社会問題をテーマにしている。ここでは、社会的責任投資(以下SRI:Socially Responsible Investment)とESG経営の潮流を国際社会のコーズを捉えて考察するとともに、ICT技術の応用によって実現されつつある省資源化の新しい社会システムについて、事例を取り扱いながら解説している。そして、サスティナビリティを実現する原動力となる要因について取り上げるとともに、情報化の問題点について触れている。

この論述では専門的・技術的な用語は、できるだけ具体的な概念を詳述するように努力しており、他の研究調査から得た事例を使うなどして説明している。また、新聞、雑誌、インターネットなどから得た最新のデータも利用している。そして、この論述が情報化やインターネットの認識ついて気づきを与え、ビジネスの社会化との関連性について新しい視点で捉えられるように努めている。

« »